納豆嫌いをダイエットついでに克服する

先日ダイエットの記事を書きましたが、今始めています。
断食はダイエットのためにするものではないそうですが、「体重減少のコンディション」にするスイッチには有効な気がしたので、半断食ぐらいのいきおいで初めて見ました。

プチプチ断食してみた

しっかり準備期間とリハビリをしっかりやれば3日くらいは水と塩だけで生きれるみたいです。 今回はそこまでストイックにやらず、小食になれるのを目的にしようと思っています。 で、けっこう食べないようにしているのですが、断食でちょっと普段と違う思考になってるので普段じゃ絶対やらない
「あ、納豆くえるようになりたい」というものが発動しました。 自分は嫌いなものは「なっとう」「梅干し」なんですよね。
梅干しは味があんまり好きじゃないだけで食べれます。
納豆に関してはできるだけ避けるように生活していました。
でも2歳くらいのころ、「牛乳となっとうとごはん」という高難易度なトッピングを食べていたんですよ。
でもある日なんだか無性に気持ち悪いものを食べている気になって嫌いになってしましました。

納豆を美味しく食べるには・・・

結局のとこ、脳みそが食べ物じゃない判定をしてるだけだと思うので試してみます。嫌いが克服されなくても、箸が全く進まないのはダイエットとしては成功です。
  • よく混ぜる(100かい以上)
  • 調味料は混ぜた後に入れる
  • 大根おろしを入れると粘りが少なくなる
などの工夫をしています。

1パック目

案の定全く箸が進みません。まずいです。一口目は・・・。
大根おろしを加えると粘りがなくなるそうなので加えて。
我慢して食べてるうちに、まあ食えるようになってきました。あと2パックあるのでどうなるか試してみたいと思います。 9/12

2パック目

1パック目から1日あけてます。(毎日食べたわけではない)
ちょっと調べたら、よく混ぜた上で後から調味料をいれた方がいいと見ました。
そういえば粘りが嫌いだったので、混ぜずに口に入れてたことがあったかも・・・それがいけなかったのか。
ためしに百回ほど混ぜて、タレとからしを加えました。
1パック目より抵抗感はないです。ダイエット中なのでよく噛みます。
納豆の味、粘り部分の味など、味わうことを拒否しながら食べていましたが、だいぶ慣れてきました。
しかし、完食するまでにすごーーーく時間をかけました。
決して美味しくはないです。しかし食える。 9/14

3パック目

ネギと鰹節をトッピングしてみました。
まぁ、苦手ですが普通に食えました。
べつにご飯にかけて食べたいと思いませんが・・・。
「嫌い」→「食べれるけど苦手」ぐらいにはなったっぽいです。
いまダイエット中なので、米が食べれないのですが米の解禁したら「ご飯と共に味わう」というフェーズに行きたいと思います。またそのうちにつづく。 9/18

まとめ

結局慣れですね。納豆が一応食べれるようになりました。
苦手ですけど。
納豆はコスパ優れすぎなので、好んで食べるくらいになったほうが生きるの楽そうだなあと思ってます。またそのうちやります。

高千穂丹念納豆150g×5 納豆好きがうなる 味にうるさい家族が黙る!! 高千穂納豆!! お取り寄せ 納豆 国産納豆 大粒 手作り おいしい 美味しい 【RCP】

価格:1,479円
(2018/9/18 10:21時点)
感想(184件)