荒ぶる季節の乙女どもよ を読んだよ

今回紹介する作品

荒ぶる季節の乙女たちよ

作品の感想

岡田麿里作品です。この方の作品を見たことがあるひとは知っていると思いますが、表現が非常にエグいです。この本を手に取った方はだいたいその辺を期待していると思います。

期待通りえげつないです。他の作品でも思いましたが。女性視点のそういう思考を目にすることってほとんどないので、そういうところが男にとって新鮮なんじゃないかなと思っています。地味な子に隠れファンがいる感じ。リアルだなぁと思います。そういうカップルには幸せになってほしい。

まだ1巻を読んだだけなんですけど、気が向いたときに読み進めていこうかなと思っています。けっこうエネルギー量が高い作品だと自分は認識しましたので、一気に読むのは大変疲れそうだと思った次第です。