アイキャッチの作成で、イラストの練習をしてみるマン

イラストも上手くなりたいんです><

このブログを立ち上げた目的というほどではないんですが、どちらかというとイラストに文書をつけるような制作方法の方が自分的にはすんなりと創作に入れるかなーと思っています。

また絵も上手くないたいなーと思ってるところもあります。
デッサンはできるんですが、イラストはそんなに上手くないんですよね。

ペンタブとか道具は揃ってるんで、ちょっといろいろ複合的に活かしていこうかな、と思ってます。

pixiv の sensei というサービスが良さそう

https://sensei.pixiv.net/
イラストについて体系的に学んだことはないのでこちらのサービスを使って暇な時にちまちまと絵を練習してみようかなと思っています。

少し書いてみたけど、割といいかもしれない。

少し書いて「アイキャッチ」というのを意識していくつか描いてみました。

意識しているのは以下の通り
– 目立つ色で
– あまり萌えにたよらず一般的な感じで
– 時間をあんまりかけない
– とはいえ、人に見せれる感じで

絵って手間をかけようと思えばどこまででも書けてしまうものです。
解像度高い方がいいよなーとか考えてサイズを大きく高解像度にして描いてしまうと、個人的にすごく迷ってしまって最後まで書ききれないというのが経験としてよくあります。

この「アイキャッチ」というのはサイズも解像度もかっちり決まってるので構図は入れやすいし、文字も入れるって決めたので文字がただ入るだけでもかなり絵がしまります。

ブログを書く仕事はしたことはないですが、「アイキャッチを適当に入れて、テキストを流し込む」といった仕事をよくしています。
そういった仕事の時は必ずと言っていいほどフリー素材か超格安の有料素材サイトを使っています。
そうしたことばっか普段からやってるので、「こんなのに時間かけてもしょうがねーなー」という心理がすごく働きますので、できるだけ手を抜いてやってやろうという気持ちが働き、効率的にやろうとするのですごくいいです。

また、画像選定の目だけは割と超えてしまっているので「こういう画像が欲しいな」というのがそのままじつげんできるという部分は割とノンストレスだなぁと思います。

そして、テキトーでもいいやと思ってはいるのですがやっぱり書き始めると凝ってしまいます。
汚い線は良くないし、細すぎる線はインパクトがない。
かといって、イラストレーターのベジェで作るのはめんどくさい・・・という妥協点が今の状態です。

制作を重ねていけば、ブラシや、背景に使える素材が整えられそうだな、というのがこの数枚の作業でも思いついているので、もうちょっと枚数を重ねてノウハウを積み上げていこうかなと思います。

あんまり手癖に頼らなくなる

欲しい絵を描くので、何にも考えずに描いた時によく出てくる手癖が減ります。
(ちょっと斜め向いてる顔のやつとか)
今は人物中心ですが、小物と組み合わせたり背景描いたり、人物二人とかそういうのも挑戦してみたいなーと思います。

たまには萌える奴もかこうかな

女の子を描くのは楽しいですからね。
ラインスタンプのネタも少しあるんで、ちょっと感覚を身につけたな、という実感があったら挑戦して見たいと思います。